カリキュラムの特色

経営学部のカリキュラムの特色をご紹介します。

(ア)人間主義経営論

本学の建学の精神である人間主義を経営的視点から探究し、人間主義経営のための哲学、目的、方法などを考察し、新しい学問領域の構築をめざして授業を実施します。学部教員や卒業生である企業経営者が専門分野の研究、実務経験に基づき人間主義経営を論じます。

(イ)初年次セミナー

1年次に行われる少人数の演習です。専門の勉学への動機づけを主な狙いとするものです。大学4年間の授業で必要とされる基礎的で一般的な学習方法について学びます。具体的には、プレゼンテーションの方法、図書館の利用法、ディスカッション法などさまざまな要素が含まれます。

(ウ)グローバル・プログラム

Business EnglishⅠ、Ⅱを履修した後、海外の国際機関や経営大学院を訪問したり外国企業を視察する海外研修プログラムです。このプログラムは、経営学部独自のもので、国際舞台で通用する人材の育成、国際ビジネスパーソンの育成、世界市民の育成をめざしています。

(エ)演習(ゼミ)で高い専門性を修得

3年次からは各学生は演習(ゼミ)に所属して、担当教員のもと専門性の高い学習をすることができます。ゼミは、15名程度の学生を単位として毎週実施され、休暇中にはゼミ合宿を実施したり、企業訪問を行ったりします。ここでは学習だけではなく、ゼミ生同士の友情を深め、教員との触れ合いによる人間性の深化が行われます。
  • キャンパスガイド2021経営学部