保健センター

笑顔で診る・看る・護る。
健康なキャンパスライフにやさしい心が広がっていく。 そんな場所を目指します。

保健センターのご案内

お知らせ

★重要★ 新型コロナウイルス関連肺炎について(2020年3月6日更新)

新型コロナウイルスに関するよくある質問と回答について掲載しましたので、ご参照ください。

【 新型コロナウイルス関連肺炎について 】
Q 新型コロナウイルス感染症にはどのように感染しますか?
→現時点では、飛沫感染と接触感染の2つが考えられます。
・飛沫感染…感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、
      他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。
      ※感染を注意すべき場面:屋内などで、お互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすとき
・接触感染…感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、自らの手で周りの物に触れると感染者のウイルスが付きます。
      未感染者がその部分に接触すると感染者のウイルスが未感染者の手に付着し、感染者に直接接触しなくても感染します。
      ※感染場所の例:電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、スイッチなど

Q 潜伏期間はどれくらいありますか?
→現時点で潜伏期間は1-12.5日(多くは5-6日)とされており、また、これまでのコロナウイルスの情報などから、
 未感染者については14日間にわたり健康状態を観察することが推奨されています。

Q 無症状病原体保持者(症状はないがPCR検査が陽性だった者)から感染しますか?
→通常、肺炎などを起こすウイルス感染症の場合、症状が最も強く表れる時期に、
 他者へウイルスを感染させる可能性も最も高くなります。
 したがって、可能性は低いとみられるものの、新型コロナウイルスについては十分解明されていないこともあるため、
 一般的な感染症対策や健康管理を心がけてください。(下記、感染予防策参照)

【 感染予防策 】
Q 感染を予防するために注意することはありますか?
→まずは、一般的な感染症対策や健康管理を心がけてください。
(1)普段から手洗い、咳エチケットを徹底しましょう。
            (参考)感染症対策チラシ(首相官邸HP)
        感染症対策チラシ 英語版(首相官邸HP)
    *手洗いのタイミング
     ①帰宅時 ②人混みから出た後 ③咳やくしゃみを手で押さえた後 ④食事の前 ⑤食品を取り扱う時 ⑥トイレの後
    *咳エチケットとは
     感染症を他人にうつさないために、咳・くしゃみをする際に、マスク・ティッシュ・ハンカチ、
     服の袖を使って鼻や口をおさえること
      
(2)不要不急の外出を控え、人混みはなるべく避けましょう。
(3)まわし飲みや他人が使用したコップ等は使用しないでください。
(4)ウイルスは粘膜を介して感染するので、洗ってない手で、目・口・鼻を触らないようにしましょう。
(5)十分な睡眠、栄養をしっかりとりましょう。

Q マスクをした方がよいのはどのような時ですか?
→マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ上で高い効果を持ちます。
 咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクを着用しましょう。
 ご自身の予防用にマスクを着用することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では
 一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、
 マスクを着用することによる予防効果はあまり認められていません。

Q 集団感染を防ぐためにはどうすればよいでしょうか?
→換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることは避けてください。
 また、イベントを開催する場合には、風通しの悪い空間や人が至近距離で会話する環境は感染リスクが高いことから、
 その規模の大小にかかわらず、その開催の必要性について検討するとともに、開催する場合にあっては、
 風通しの悪い空間をなるべく作らないなど、その実施方法を工夫するようお願いします。

Q 同居者に新型コロナウイルスの感染が疑われる場合に、家でどんなことに注意すればよいでしょうか?
→同居者に新型コロナウイルスの感染が疑われる場合には、以下の8点にご注意くださいご本人は外出を避けてください。
 同居されている方も熱を測るなど、健康観察をし、不要不急の外出を避け、特に咳や発熱などの症状があるときには、
 学校や職場などには行かないようにしてください。

(1)部屋を分けましょう
  個室にしましょう。食事や寝るときも別室としてください。部屋を分けられない場合には、
  少なくとも2m以上の距離を保ったり、仕切りやカーテンなどを設置することをお薦めします。
  寝るときは頭の位置を互い違いになるようにしましょう。

(2)感染が疑われる方のお世話はできるだけ限られた方で。
  心臓、肺、腎臓に持病のある方、糖尿病の方、免疫の低下した方、妊婦の方などが、
  感染が疑われる家族のお世話をするのは避けてください。

(3)マスクをつけましょう
  使用したマスクは他の部屋に持ち出さないでください。マスクの表面には触れないようにしてください。
  マスクを外す際には、ゴムやひもをつまんで外しましょう。マスクを外した後は必ず石鹸で手を洗ってください
 (アルコール手指消毒剤でも可)。マスクが汚れたときは、新しい清潔な乾燥マスクと交換してください。
  マスクがないときなどに咳やくしゃみをする際は、ティッシュ等で口と鼻を覆いましょう。

(4)こまめに手を洗いましょう
  こまめに石鹸で手を洗いましょう。アルコール消毒をしましょう。
  洗っていない手で目や鼻、口などを触らないようにしてください。

(5)換気をしましょう
  部屋は定期的に換気してください。共有スペースや他の部屋も窓を開けましょう。

(6)手で触れる共有部分を消毒しましょう
  物に付着したウイルスはしばらく生存します。ドアの取っ手やノブ、ベッド柵など共有部分は、
  薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きしましょう。
   ※家庭用塩素系漂白剤は、主成分が次亜塩素酸ナトリウムであることを確認し、濃度が0.05%
   (製品の濃度が6%の場合、水3Lに液を25㎖)になるように調整してください。
    トイレや洗面所は、通常の家庭用洗剤ですすぎ、家庭用消毒剤でこまめに消毒しましょう。
    タオル、衣類、食器、箸・スプーンなどは、通常の洗濯や洗浄でかまいません。
    感染が疑われる方の使用したものを分けて洗う必要はありません。
    洗浄前のものを共有しないようにしてください。特にタオルは、トイレ、洗面所、キッチンなどで
    共有しないように注意してください。

(7)汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう
  体液で汚れた衣服、リネンを取り扱う際は、手袋とマスクをつけ、一般的な家庭用洗剤で洗濯し完全に乾かしてください。
   ※糞便からウイルスが検出されることがあります。

(8)ゴミは密閉して捨てましょう
  鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、室外に出すときは密閉して捨てください。
  その後は直ちに手を石鹸で洗いましょう。

【 感染の疑いがある場合 】
Q 熱や咳があります。どうしたらよいでしょうか?
→発熱などの風邪症状がある場合は、仕事や学校を休んでいただき、外出やイベントなどへの参加は控えてください。
 休んでいただくことはご本人のためにもなりますし、感染拡大の防止にもつながる大切な行動です。
 発熱などのかぜ症状について、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気による場合が圧倒的に多い状況です。
 風邪やインフルエンザ等の心配があるときには、これまでと同様に、かかりつけ医等にご相談ください。
 新型コロナウイルスへの感染のご心配に限っては、最寄りの保健所などに設置される「帰国者・接触者相談センター」に
 お問い合わせください。https://www.soka.ac.jp/news/2020/02/4594/

 特に、「相談・受診の目安」として公表された以下の条件に当てはまる方は、同センターにご相談ください。
   ・ 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
   ・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合
 高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など))がある方や透析を受けている方、
 免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方
   ・ 風邪の症状や37.5度以上の発熱が2日程度続く場合 ・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合

Q 本学の保健センターに行けば、新型コロナウイルスに感染しているかどうかの検査はできますか?
→申し訳ありませんが、当センターでは、検査や治療はできません。
 上記の症状がある場合は、直接「帰国者・接触者相談センター」に電話で相談をしてください。
   また、帰国者・接触者相談センターから紹介された医療機関の受診結果については、
   本学保健センター(042-691-9373)までご連絡をお願いします。

 

2020.3.11 【重要】2020年度4月健康診断及び再検査『延期』のお知らせ
【対象】
○新入生の皆様
○1月健診を受診できなかった、在学生(4月に学籍を有する全学生)の皆様

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、以下の日程を『延期』させていただきます。
◆4/4(土)・5(日)・11(土)・12(日)の健康診断
◆4/8(水)・14(火)・15(水)・16(木)の再検査
※実施日程につきましては、状況を確認し、決定次第、連絡させていただきます。
2020.3.6 英文健康診断証明書に関するお願い
英文健康診断証明書をご希望の方は、『管理医師による診察』が必要です。
また、指定の検査・予防接種が必要な場合、初回の診察から発行まで2~3週間かかることがあります。
提出期限に余裕をもって、発行希望日の2~3週間前には保健センターへご相談ください。

利用時間のご案内

医師による診察受付時間
  月・火・木・金  9:30~11:00 / 12:15~16:45
       水       9:30~11:00 / 12:15~16:00

土・日・祝日休診
医師の都合により、変更・休診となる場合があります。外来情報でご確認ください。

開館時間
開館時間内は、看護師が常駐しています。
月・火・木 9:00~18:20
水・金    9:00~17:00
土      9:00~12:00

長期休業期間の平日は17時までとなります。

女性専門外来
月2回、木曜日(不定期)
こころ元気科

予約制です

第1~4金曜日
卒煙相談