保健センター

笑顔で診る・看る・護る。
健康なキャンパスライフにやさしい心が広がっていく。 そんな場所を目指します。

保健センターのご案内

お知らせ

2020.9.8 新型コロナウイルス関連肺炎について
よくある質問と回答を掲載しております。

Q.新型コロナウイルス感染症にはどのように感染しますか。
 → 一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。(WHOは、一般に、5分間の会話で1回の咳と同じくらいの飛まつ(約3,000個)が飛ぶと報告しています。)
 「飛沫感染」とは: 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染することを言います。
 「接触感染」とは: 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ることにより粘膜から感染することを言います。WHOは、新型コロナウイルスは、プラスチックの表面では最大72時間、ボール紙では最大24時間生存するなどとしています。

Q.感染を予防するために注意することはありますか。心配な場合には、どのように対応すればよいですか。
 → 感染を予防するためには、基本的な感染予防の実施や不要不急の外出の自粛、「3つの密」を避けること等が重要です。
 これまでに国内で感染が確認された方のうち重症・軽症に関わらず約80%の方は、他の人に感染させていない一方で、一定の条件を満たす場所において、一人の感染者が複数人に感染させた事例が報告されています。集団感染が生じた場の共通点を踏まえると、特に、1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、2.密集場所(多くの人が密集している)、3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や共同行為が行われる)という3つの条件のある場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられています。

 また、これ以外の場であっても、人混みや近距離での会話、特に大きな声を出すことや歌うことにはリスクが存在すると考えられています。激しい呼気や大きな声を伴う運動についても感染リスクがある可能性が指摘されています。多くの場合、ライブハウス、スポーツジム、医療機関、さらに最近になって繁華街の接待を伴う飲食店等におけるクラスターでの感染拡大が指摘されています。

 なお、喫煙に関しては、WHOが2020年4月29日に招集した専門家によるレビューにおいて、喫煙者は非喫煙者と比較して新型コロナウイルスへの感染で重症となる可能性が高いことが明らかになったことなどが報告されています(WHO statement: Tobacco use and COVID-19 (2020年5月11日公表))。

 新型コロナウイルス感染症は、一般的な状況における感染経路の中心は飛沫感染及び接触感染ですが、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等の症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。また、無症状の者からの感染の可能性も指摘されており、油断は禁物です。
 人と人との距離をとること(Social distancing; 社会的距離)、外出時はマスクを着用する、家の中でも咳エチケットを心がける、さらに家やオフィスの換気を十分にする、十分な睡眠などで自己の健康管理をしっかりすることで、自己のみならず、他人への感染を回避するとともに、他人に感染させないように徹底することが必要です。

 これらの状況を踏まえ、「3つの密」の回避、マスクの着用、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒の励行などをお願いします。

Q.熱や咳があります。どうしたらよいでしょうか。
 → 発熱などのかぜ症状がある場合は、仕事や学校を休んでいただき、外出は控えてください。休んでいただくことはご本人のためにもなりますし、感染拡大の防止にもつながる大切な行動です。
 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手でおさえると、その手で触ったドアノブなど周囲のものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他者に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。
 「学校法人創価大学新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」の内容に沿った行動をお願いいたします。

【 厚生労働省HP 新型コロナウイルスに関するQ&A 】
 
 
2020.9.1 保健センター受診の際のお願い
感染拡大予防のため、診察を希望される場合は、来所する前に必ず保健センターに電話していただくようお願いいたします。
また、引き続き、電話またはzoomによるオンライン診療を実施いたします。
診療は予約制(電話またはメール予約)となっておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。
皆様のご利用をお待ちしております。

予約受付時間: 月~金 9:00~17:00
診療科: 内科、こころ元気科、女性専門外来
電話番号: 042-691-9373
メールアドレス:s8000@soka.ac.jp

【診療の流れ】
1)電話またはメールで、診察希望とお伝えください。
2)相談内容、ご希望の日時を伺い、予約をお取りいたします。
3)診察当日、電話またはZOOMで診療を行います。
4)必要時、病院紹介や紹介状の記載などをいたします。

【オンライン診療の場合の留意事項】
・新型コロナウイルス感染症の状況が落ち着きましたら、通常の対面診療を行う予定です。
・PC、スマートフォンどちらの場合も、事前にZOOMのアプリをダウンロードしてください。
・通信料の観点からZOOMを利用の場合はwifi環境を推奨します。
・セキュリティ上の問題から、来談者の機密情報が不正アクセスの被害を受ける可能性がまれにあります。オンライン診療で用いるコンピュータ、スマートフォン、タブレット端末には、ウイルス対策ソフトがインストールされていることを確認してください。
・オンライン診療で用いる電話回線・インターネット回線や接続用の端末等の利用環境は、ご自身でご用意いただきます。
・PC、スマートフォン、どちらの場合もマイク(可能であればカメラ)を使えるよう設定してください。
・通信品質により、通話が中断されたり、遅延したりする可能性があります。
・視覚的・聴覚的な手がかりが乏しくなるため、コミュニケーションに齟齬が生じる可能性があります。
・診療の録音・録画はお控えください。また、診察の際は静かな環境作りに努めましょう。
2020.3.6 英文健康診断証明書に関するお願い
英文健康診断証明書をご希望の方は、『管理医師による診察』が必要です。
また、指定の検査・予防接種が必要な場合、初回の診察から発行まで2~3週間かかることがあります。
提出期限に余裕をもって、発行希望日の2~3週間前には保健センターへご相談ください。

利用時間のご案内

医師による診療受付時間
  月・火・木    9:30~11:00 / 12:15~16:45
       水       9:30~11:00 / 12:15~16:00
   金      10:00~11:00 /  12:15~15:30

土・日・祝日休診
医師の都合により、変更・休診となる場合があります。外来情報でご確認ください。

開館時間
開館時間内は、看護師が常駐しています。
月・火・木 9:00~18:20
水・金    9:00~17:00
土      9:00~12:00

長期休業期間の平日は17時までとなります。

女性専門外来
月2回、木曜日(不定期)
こころ元気科

予約制です

第1~4金曜日
卒煙相談