鈎 治雄(教授)

マガリ ハルオ

専門分野 教育心理学、教育学
担当科目 心理学、教育心理学など
研究テーマ 子どもと学校、子どもと家庭の問題を中心に、教育心理学の立場から、調査研究を行っています。

取材申し込み

研究者情報詳細

ゼミテーマ 教育臨床研究現代の青少年問題への心理学的アプローチ

文系大学院 教育学専攻

  • 専門分野 学校臨床心理学・教育心理学・生徒指導論・特別活動
    研究テーマ 1.教師生徒関係における教育臨床学的研究
    2.特別活動の教育的意義に関する教育臨床学的アプローチ
    3.児童生徒の学校・家庭生活意識に関する国際比較調査研究
    4.ポジディヴサイコロジー(楽観主義)に関する臨床的研究
    研究紹介 これまで、主として、1.教師生徒関係やいじめ・不登校に関する教育臨床学的研究、2.特別活動の教育的意義に関する教育臨床学的アプローチ、3.児童生徒の学校・家庭生活意識に関する国際比較調査研究、4.ポジディヴサイコロジー(楽観主義)に関する心理学的研究にたずさわってきた。
    主要著書に 『人間行動の心理学』(共著)北大路書房、『教育環境としての教師』(単著)北大路書房、『現代教育心理学要説』(分担)北大路書房 『親と子の心のふれあい』(単著)第三文明社、『子どもの育成と社会』(共著)八千代出版、『現代の生徒指導』(分担)文教書院、『特別活動の実践をどう創るか』(共著)明治図書、『特別活動(改訂版)』(単著)創価大学出版会、『家庭教育』(共著)創価大学出版会、 『変貌する学校教育と教師』 (共編著)東洋館出版、『心の教育とカウンセリングマインド』 (共編著)東洋館出版、 『楽観主義は自分を変える』(単著)第三文明社、『教育事情』(分担)私立大学通信教育協会編、『はじめて学ぶ教育心理学』(共著)ミネルヴァ書房、 『お母さんにエール!楽観主義の子育て』(単著)第三文明社、『子どもと大人のための臨床心理学』(共編著)北大路書房などがある。
    研究、教育方針 教育臨床の面では、教師生徒関係や児童生徒相互の人間関係にかかわるさまざまな課題に対処していくために、エスノグラフィー研究等に代表される質的研究や、特別活動にみられる児童生徒の望ましい集団活動の教育的意義に関する実証的研究が不可欠であると考えている。その一方で、人間の生き方についても関心を寄せているので、楽観主義やレジリアンス研究に象徴されるポジディヴサイコロジーの観点から、新たな臨床心理学やカウンセリング哲学のあり方を探究していきたいと思っている。
    メッセージ 臨床心理学は、人間との出会い、ふれあい、共感、そして、人間からの学びに関する学問である。ゆえに、臨床心理学を専攻しようとする学生は、単なる机上の学びだけでなく、あらゆる機会を通して、自分自身の人間性を磨いていただきたいと思っている。専門知識と技能の習得だけにとどまるのではなく、何よりも人間的な温かさや優しさ、魅力、そして強さをそなえた臨床家であってほしい。また、一生涯、そうした人間を目指して、努力を惜しまないでいただきたい。それが、臨床を学ぶということである。

ページ公開日:2017年08月07日
Search-internal-code:faculty-profiles-2017-