小山内 優(教授)

オサナイ マサル

専門分野 大学アドミニストレーション、大学の研究活動及びパブリック・サービスの分析
担当科目 Basic Seminar I, Basic Seminar II, Seminar I, Seminar II, Seminar III, Capstone, Management of Non-Profit Organizations
研究テーマ 国際的に通用する学士課程教育の構築、大学による開発協力活動の環境整備

取材申し込み

研究者情報詳細

Message to students

皆さんは何らかの分野で、日本又はそれぞれの国を代表して、国際社会を作る立場に、既に立ちつつあります。また、将来の世界にとって不可欠の指導者となる人材です。そのような自覚に立ち、常に誠実に行動し、正しい判断ができるよう、4年間、教養を身につけ、学びぬいてください。

The main career

1983 東京大学法学部卒業
2012 桜美林大学大学院修士(大学アドミニストレーション)修了
1983年文部省入省。文部科学省国際交流官、同競技スポーツ課長、政策研究大学院大学教授、日本学術振興会ロンドン研究連絡センター長、国際教養大学副学長兼事務局長、日本学術振興会研究事業部長、物質・材料研究機構理事を経て、平成25年現職。

研究室情報

中央教育棟 AW909
ページ公開日:2017年08月08日
Search-internal-code:faculty-profiles-2017-
  • キャンパスガイド2021国際教養学部
  • 国際教養学部 公式Facebook
  • 国際教養学部 公式Instagram