留学プログラム概要

#国際教養学部独自のプログラム #世界に広がる友情の輪 #国際性豊かなグローバル人材へ成長

留学期間・修得単位数

●期間:1年次修了後から2年次前期修了までの1セメスター(約4~5ヶ月)
●修得単位: 計16単位を認定
 English for Academic Purpose (Study Abroad)・Academic Foundations (Study Abroad),

留学先での滞在形態について

留学先国によって、滞在形態が異なります。大学内の寮、または大学周辺のホームステイ先への滞在が原則となります。
※留学先は2018年度入学生の実績であり、変更することがあります。
大学名 国名 滞在形態
南カリフォルニア大学 アメリカ
サイモンフレイザー大学 カナダ ホームステイ
グリフィス大学(SAP/DEP) オーストラリア 寮・ホームステイ
オークランド大学 ニュージーランド ホームステイ
アテネオ・デ・マニラ大学 フィリピン 寮形式のホテル

留学先で求められる英語能力要件について

国際教養学部では、学生の英語能力に適した学習経験を提供できるよう、語学学校(ESL)レベルから学部入学レベルまで、幅広い留学プログラムを提供しています。
そのため、一部留学先大学によっては、英語能力の派遣基準を設定しており、原則として下記の派遣基準を超えた学生が申請できます。
大学名 授業レベ
スコア制限
南カリフォルニア大学 ESL なし
サイモンフレイザー大学 ESL なし
グリフィス大学(SAP) 学部レベル IELTS 6.0 with minimum subscores of 5.5 / TOEFL iBT 71 with a minimum subscore of 19 in writing and 17 in all other skills
グリフィス大学(DEP) ESL なし
オークランド大学 ESL なし
アテネオ・デ・マニラ大学 学部レベル TOEFL (Internet Based Test) minimum score: 79 / IELTS minimum score: 6.0

諸費用について

 国際教養学部の学生が創価大学に納める学費には、1セメスター必須海外留学の往復航空券運賃、留学先授業料、海外傷害保険料が含まれています。
 その他の費用(ビザ代、寮費・ホームステイ費、現地大学健康保険費、食費、交通費等)はすべて自己負担となりますので、各学生の生活状況や為替の変動により、必要な費用が増えることがあります。

 以下、各留学先で最低必要とされる自己負担額の目安になります。
大学名 留学先国 滞在費総額
南カリフォルニア大学 アメリカ 95万円~
サイモンフレイザー大学 カナダ 55万円~
グリフィス大学(SAP/DEP) オーストラリア 55万円~
オークランド大学 ニュージーランド 55万円~
アテネオ・デ・マニラ大学 フィリピン 40万円~

※あくまでも概算となります。為替の変動により、費用が増減することがあります。

  • キャンパスガイド2021国際教養学部
  • 国際教養学部 公式Facebook
  • 国際教養学部 公式Instagram