法学部生紹介

Hideo Harada

原田 英雄さん

  • 入学年度:2015年
  • 出身県:東京都
  • 出身校:帝京高校
  • 所属コース:公共政策・行政コース

(2018年9月公開)

1、法学部への志望動機

私が法学部を目指した理由は2点あります。1点目は父が法学部出身で、法律を学ぶことの重要性についての話を聞き刺激を受けたこと、2点目は高校3年次から公務員を志望していたためです。いくつかの大学のオープンキャンパスをまわり、創価大学に来て法学部の模擬授業を受けた際に、教授と学生のインタビュー形式でのやり取りとカリキュラムの説明を受けて、特に「教授と学生の距離」や「コース制やワークショップ等のカリキュラムの豊富さ」に魅力を感じました。私自身、政策課題に関する知識や能力を全く持っていなかったため、グループプロジェクトやフィールドワークなどの、より実践的な学びを通して高めていきたいと考え、創価大学法学部を志望しました。

2、法学部の学びの魅力

法学部の学びの魅力は、キャリア・コース制により自分の目指す進路に応じて学べる環境が整っている点です。私は公共政策・行政コースで少子高齢化や地域振興など、現代の日本社会で課題となっているテーマの学習を通じて公共政策を学んでいます。実際に経験した「まちづくり八王子」では、グループでのリサーチやフィールドワークを通して課題を発見・設定し、それに対する解決策を模索していきました。最終日には八王子市役所の職員の方の前で成果報告を行い、フィードバックを頂くことでさらに深めることができました。また、「公共政策ワークショップ」では、子育て支援、地域振興、官民協働などの政策課題についてグループでリサーチをして深めるだけではなく、実際に行政の最前線で活躍している方々にご教授頂き、リアリティをもって公共政策を学ぶことができます。これらの実践的な学びを通して、自分のキャリアや興味関心の幅を広げることができました。

3、受験勉強のアドバイス

私は部活動の関係で受験勉強を始めたのは高校3年生の8月で、勉強の遅れから不安もありました。そうした中で私が意識したのは、自分の現状を受け止めて「開き直る」ことです。できなかったものは仕方がない、できるようにするために何をすべきかを考え、地道に弱点の克服に努めました。慌てることなく一つひとつクリアしていくことで、着実に自分の力にしていってください!
  • キャンパスガイド2021法学部
  • 在学生からのメッセージ
  • 卒業生からのメッセージ
  • キラめき★学生REPORT
  • バッキンガム大学留学日記