法学部生紹介

Shinji Ichikawa

市川 伸二さん

  • 入学年度:2016年
  • 出身県:東京都
  • 出身校:創価高校 
  • 所属コース:GLP(リーガル・プロフェッションコース)

(2018年9月公開)

1、法学部への志望動機

高校時代の授業の中で、世界にはいまだに解決されていない様々な問題が山積しているということを学び、また、元々「弁護士」という職業に興味があったので、それらの問題を法律という面から解決していきたいと思い、国際弁護士になろうと決意しました。法的思考力と国際的な視野を身に付けることができるGlobal Lawyers Program(GLP)がある創価大学法学部を選びました。また、オープンキャンパスでの模擬授業に参加し、教員と学生の距離が近く疑問に思ったことを質問しやすそうな雰囲気を感じたこと、司法試験の合格実績が戦後創立された日本の高等教育機関のなかで第1位の実績で数多くの弁護士を輩出しているということも法学部を選んだ決め手になりました。

2、法学部の学びの魅力

エストニア国会訪問
法学部では、2年次から4つのコースに分かれてコース別の学びが始まるため、自分自身が深めたいと思っている分野についてとことん学ぶことができるのが大きな魅力だと感じています。また、自分が他に興味がある分野についても、希望進路やコースにとらわれず、選択したコース以外の授業も履修することができるなど自由に学べるところも魅力の一つです。私が所属しているリーガル・プロフェッションコースでは司法試験を見据え、より専門的に法律について学ぶことができるので、これはコース制の利点であると感じています。また、GLPでは、少人数で学ぶゼミを通して法律問題について「生きた議論」を行い、法曹三者(裁判官・検察官・弁護士)に必要な法的思考力を養うことができます。

3、受験勉強のアドバイス

私は、センター試験対策も一般入試対策も、いわゆる過去問の勉強に多くの時間を費やしました。1度出ている問題なので、同じ問題が出題されることはないのですが、出題傾向の分析や試験に慣れるという観点から非常に大事だと思います。また、苦手科目に一番勉強時間を費やしていました。足を引っ張る苦手科目を無くすことが合格への大きな1歩であると思います。苦手科目を得意科目にするくらいの勢いで勉強に挑戦してみてください。
  • キャンパスガイド2021法学部
  • 在学生からのメッセージ
  • 卒業生からのメッセージ
  • キラめき★学生REPORT
  • バッキンガム大学留学日記